MENU

個人再生を利用することのメリットと弁護士への相談

個人再生は、自身の住宅を手放したくないというときに利用する債務整理です。自己破産は、借金を全てなくすことができるので、非常に有効な債務整理です。しかし全て良いことではなく、自己破産の場合は自身の所有している財産を処分しなければなりません。その処分した財産を債権者が分け合うことになります。自己再生は、裁判所に届け出ることに変わりはありませんが、住宅を所有したまま借金を大幅に減額することができます。個人再生では、借金を5分の1ほどに減額することができます。例えば、住宅ローンなど全ての借金が3,000万円だったとすると、個人再生によって借金を600万円ほどに減額することができます。個人再生で返済する期間ですが、およそ3年から5年くらいかけて返済することになります。債務者が無理なく返済することができる期間になります。個人再生を行うときは、裁判所に計画案を認可される必要があります。この計画案が認可されないと、個人再生を行うことができません。これは自己破産にも共通していることですが、裁判所への手続きは煩雑で知識が必要です。個人再生を円滑に行うためには、埼玉県にもある弁護士事務所に相談すると良いでしょう。弁護士に相談して依頼することで、煩雑な裁判所への手続きも行ってくれますし、裁判所に提出する必要がある計画案に関しても作成してもらうことができます。個人再生を行うときは、無料で相談することができる、埼玉県にもある弁護士事務所を利用して、現状について相談すると良いでしょう。